(撮影:尾形文繁)

イーロン・マスクは、スティーブ・ジョブズ亡き後のカリスマだ。熱狂的なファンも多いが、その奇矯な言動は物議を醸すこともある。

1971年に南アフリカ共和国の首都プレトリアの白人家庭に生まれた。子供時代、SF小説とコミックに夢中になった。不思議なことに第7回で紹介したピーター・ティールとほとんど同じ本に夢中になった。スポーツにはまったく興味がなかったようだ。

10歳のときにコモドールのパソコン「VIC-20」を買ってもらい、プログラミングを独習した。ほどほどに上達したが、天才的というほどではなかったようだ。

88年、17歳のとき、マスクは母親の親戚を頼ってカナダを目指した。1年ほどアルバイトをした後、89年にオンタリオ州のクイーンズ大学に入学。92年、奨学金を得て、米国のペンシルベニア大学に編入学した。その後、経済学、物理学の学位を取得している。

学位取得後、西海岸を目指し、高エネルギー物理学を学ぶべくスタンフォード大学大学院に入学するが、2日で退学したという。飽きっぽく、じっとしていられない性格のようだ。