スマホを通じた金融サービスの提供を進めるKDDIの高橋誠社長

通信キャリア大手も、スマートフォン決済に注力する一角だ。その狙いは携帯通信だけでの成長が難しくなる中、利用者を囲い込むだけでなく、金融や動画配信など非通信分野の成長につなげることにある。

KDDIは4月から「au PAY(auペイ)」を開始する。同社はスマホ決済で先行する楽天と提携しており、楽天の決済プラットフォームや120万以上の店舗網を初っぱなから利用できる。

auペイは金融サービス強化の一環だ。2月、ネット証券大手カブドットコム証券にTOB(株式公開買い付け)を実施し、49%の株式取得を目指すことを発表。三菱UFJ銀行と折半出資するじぶん銀行への出資比率も64%に引き上げる。

KDDIは今後、スマホ決済を含むあらゆる金融サービスを1つのアプリで提供する。「決済だけでなく、借りる、貯める、増やすなどお金のニーズのすべてをアプリで解決できるようにする」(ライフデザイン事業本部の中井武志氏)。