沼 毅(ぬま・たけし)/北見工業大学卒、1981年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2011年常務理事、2012年常務役員、2016年トヨタ紡織副社長、2018年4月から現職。60歳(撮影:今井康一)

トヨタ紡織は売上高1兆4000億円規模で国内最大、世界4位級の自動車内装品メーカーだ。シートやドアトリムなどの内装部品が主力で、オイルフィルターやエアフィルター、吸気系部品などを幅広く扱っている。トヨタ自動車の国内向けシートはほぼ100%のシェアを有し、高級車「レクサスLS」から小型車「ヴィッツ」までグレードや用途に合わせてさまざまに対応できることが強みだ。また北陸新幹線「グランクラス」用シートや航空機シートなど非自動車分野も開拓している。

トヨタ紡織はトヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が1918年に創業した「豊田紡織」にルーツを持つ。その後、2004年に同業のアラコとタカニチと合併し、社名を現在のトヨタ紡織に変更したが、社名には「糸」の名前を残すなど伝統を重んじている。豊田自動織機も同社から生まれており、トヨタ紡織はまさにトヨタグループ発祥の企業とされている。2020年には愛知県刈谷市の本社に地上6階建ての新本館を竣工するが、同社の歴史を伝える歴史展示館も設置する予定だ。

ちなみに現在トヨタ紡織の会長を務める豊田周平氏は、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)社長を務めた豊田英二氏(豊田佐吉氏の甥)の三男だ。二男の豊田鐵郎氏は豊田自動織機会長、長男の豊田幹司郎氏はアイシン精機会長を務めている。

トヨタ紡織はトヨタ自動車からの信頼が厚く、システムサプライヤーとしての存在感はケイレツの中でも大きい。2015年にはアイシン精機、シロキ工業からの事業譲渡でシート骨格事業もトヨタ紡織に集約されるなど、骨格機構部品の開発・生産からシート組立まで一貫体制を構築した。だが、自動運転など次世代車になっても安泰とは限らない。車が所有から共有に移る中、車そのもののあり方も変わろうとしているからだ。伝統的企業は変われるか。トヨタ自動車出身の沼毅社長に課せられた使命は重い。

「単独でできるわけではない」

──自動運転が普及すると車内の様子はどう変わりますか?

車が自動運転になってシートの向きなどが自由になると、車室空間の付加価値がこれまでとは変わっていく。シートや内装の競争力を一段とつければ、かなり大きなビジネスチャンスになる。当社が今、提案しているのが「クオリティ・オブ・タイム・アンド・スペース」。モビリティの中で乗員が快適に過ごせる時間や空間の提供だ。 

1月に開催された(世界最大のエレクトロニクスショーの)米CESに初出展し、こうした車室空間モデルを示した。ボディ側に付いているシートベルトやエアバッグ、エアコンなど多くが、将来はシート側に変わる。センサーやアルゴリズムを活用することで状況に応じて五感を刺激し、移動中の車内をより快適にしていく。

シートはトヨタ紡織の主力商品の1つである(撮影:鈴木紳平)

──単独で展開するのは大変ではないでしょうか。

もちろん、すべて当社単独でできるわけではない。昨年に「新価値創造センター」という新たな組織を立ち上げ、産官学連携も通じて新たな可能性を模索している最中だ。また(ベンチャーの)ティアフォー、シナスタジアと連携し、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の技術を活用した快適空間の提案も進めている。

──トヨタグループ向けが売上高の約9割を占めますが、次世代車で関係はどう変わりますか。

当社がお客様第一と言うとき、それはB to B(企業対企業)でありトヨタなど車メーカーだが、今後はマインドをリセットし、B to B to C(企業対企業対消費者)に範囲を広げないといけない。

エンドユーザーに期待されている車室空間全体をより理解し、車メーカーに代わって提案していくことが求められている。今までは車メーカーから作ってほしいと言われたものをしっかり作るのが仕事だった。だがそれではダメだ。トヨタからはテーマを考えて提案してほしいと言われており、提案型に変えていきたい。

エンドユーザーの話を直接聞く

──具体的にどうしていますか。