米朝首脳会談について楽観的な観測が流れている中、北朝鮮はプロパガンダ攻勢を強める(AP/アフロ)

2月27〜28日にベトナムのハノイで開催される2回目の米朝首脳会談で、米国が朝鮮戦争の終戦を告げる何らかの宣言に応じる公算が大きくなっている。

一部報道によれば、トランプ米大統領は2018年6月にシンガポールで行われた米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)委員長に「終戦宣言」の口約束をしていたとされる。実務者協議を担う米国のビーガン北朝鮮担当特別代表も、19年1月に米スタンフォード大学で講演し「大統領にはこの戦争を終わらせる用意がある」と述べている。

朝鮮戦争を終わらせる声明については「終戦宣言」や「平和宣言」といった呼称が取り沙汰されているが、「平和条約」とは明確に区別されることになるだろう。なぜなら、平和条約を締結すれば朝鮮戦争は法的に終結し1953年以来続く「休戦状態」が解消、北朝鮮の求めている「平和体制」が実現することになるからだ。