JPX400に連動する投資信託は50本近くあるが認知度は低い

「ジェー、ピー、エックス?ヨンヒャク?」。JPX日経インデックス400(以下、JPX400)の動きに価格が連動する投資信託について東京駅周辺にある大手証券会社の店頭で尋ねると、営業担当者は首をかしげ戸惑っていた。

JPX400に連動する投信は50本近くある。だが、営業担当者が存在を認識すらしていないことから察するに、投資家のニーズはほとんどないのだろう。

JPX400とは、日本取引所グループが2014年に算出を開始した株式指数だ。政府が13年に発表した「日本再興戦略」で、「収益性や経営面での評価が高い銘柄のインデックスの設定」をコーポレートガバナンス強化の観点から促したことが指数設定のきっかけとなった。

グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たす、「投資家にとって投資魅力の高い会社」の400銘柄で指数は構成されている。トヨタ自動車といった日本を代表する企業だけでなく、100円ショップで知られるセリアやミクシィなどマザーズ市場やジャスダック市場に上場する銘柄も選定されている。指数は日本銀行やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が買い入れ対象に指定したこともあり、算出開始直後は投資家の注目を集めた。