廣済堂社外監査役の中辻一夫氏(撮影:尾形文繁)

東証1部上場の「廣済堂」を巡るTOB(株式の公開買い付け)。すでに会社側が賛同を表明しているこのTOBに対し、廣済堂の社外監査役と筆頭株主が「待った」をかける異例の事態に発展することが本誌取材で明らかになった。

2月18日、社外監査役の中辻一夫氏と筆頭株主の櫻井美江氏(廣済堂株を9.69%保有)が、廣済堂のTOBに反対を表明する。