東芝グランドコンサート2019/ファビオ・ルイージ指揮、デンマーク国立交響楽団(©Per Morten Abrahamsen)

毎年、海外の著名な指揮者やオーケストラと豪華なソリストの共演を実現してきた「東芝グランドコンサート」が、今年で38回目を迎える。

“継続は力なり”。芸術文化に貢献するというのはまさにこのことだ。東芝グランドコンサートの歴史は、世界有数のマエストロとオーケストラの貴重な来日記録といえそうだ。

第1回のウラディーミル・アシュケナージ指揮のフィルハーモニア管弦楽団公演を皮切りに、ジュゼッペ・シノーポリ指揮のドレスデン国立歌劇場管弦楽団、そして昨年のサカリ・オラモ指揮のBBC交響楽団など綺羅(きら)星のごとく並ぶ顔ぶれは豪華そのものだ。