加工されるエンドミルは工作機械内で1本1本精度測定をしている。「精度測定のノウハウを明かしたら僕でもクビです」(後藤副社長)(写真:山根一眞)

2013年、南米チリ、アンデス山脈の海抜5000メートル地点に完成した66台の電波望遠鏡「アルマ」。人類が手にした宇宙を見る最高の「眼」を描くノンフィクション作品(『スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち』)の取材で訪ねたのが、アルマ向けの極小部品加工を担った福島県、安達太良(あだたら)山麓にある川島製作所の工場だ。

その部品の加工には、直径が髪の毛の半分、0.04ミリメートルという極微細加工用の切削工具「エンドミル」を使ったという。「刃先をちょっと指で触れただけで折れてしまう」という刃物である。「この工具メーカーは刃先の径が0.01ミリという極めて細いエンドミルも作っている」と聞いたので、ぜひ訪ねたいと思っていた。

それが日進工具(本社、東京・品川区)だ。念願がかない、宮城県黒川郡大和町の仙台工場を訪ね、副社長の後藤隆司さんに会うことができた。

日進工具副社長、後藤隆司さん(55、左)が刃が見えない直径0.01mmのエンドミルを示す。右が筆者(写真:山根事務所)

山根:0.01ミリのエンドミル、やっと手にした貴重な1本?

後藤:いや、うちのものづくりは匠がついに到達した1本というのではなく、量産化できなければ意味がない。0.01ミリは商品カタログにも載せていますよ。

山根:どうやって製造を?

後藤:一生懸命、粘り強く取り組んだ結果です。特別な技術があったからできたのではない。

山根:エンドミルの素材は鉄?

後藤:いや、タングステン、モリブデン、クロム、チタン、タンタルなどを摂氏1300度で焼結して作る、焼き物である超硬合金。

山根:それを削って刃を作る?

後藤:ダイヤモンド微粒子が入った円盤状の砥石で削ります。この工場にはエンドミル製造のためのコンピューター制御の工作機械が多数ありますが、0.01ミリのエンドミルは自社製の工作機械で量産しています。

山根:マシンに任せればいいというわけにはいかないでしょ?

後藤:「勘」「コツ」が必要で、初めて作った社員はすごいと思います。しかし、作り方の伝授を受けた若い世代は言われたとおりに工作機械を使えば作れるんです。

山根:現物が見たいな。

後藤:これです。

山根:ん? これ、刃先が?