なかぞら・まな●1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

目下、欧州金融機関の2018年通期決算が発表されている。総じて、金融市場関係損益が冴えないため、収益はぱっとしない。だが、自己資本比率とレバレッジ比率(資本に対するリスクの割合)は規制を十分クリアしており、信用リスクは安定していると考えられる。

欧州金融システムはこのまま安泰とみてよいか。いくつか不透明な要素を検証しておきたい。

第1に不良債権比率である。ECB(欧州中央銀行)が四半期ごとに発表する民間金融機関の不良債権比率は明らかに改善した。EU(欧州連合)全体の同比率は欧州債務危機が悪化した13年12月期の6.8%から18年9月期には3.4%へ減少し、不良債権処理はピークアウトした。