瑞幸珈琲は1年余りで2000店を出店、年内の「スタバ超え」を目指す(写真は上海の同社店舗)(Imaginechina/アフロ)

新年早々の1月3日、配達型コーヒーチェーン会社・瑞幸珈琲(luckin coffee)は戦略発表会を開いた。その場でCEO(最高経営責任者)の銭治亜氏は、今年の戦略目標は「スターバックス超え」だと宣言した。

2017年10月に北京で1号店を開設して以来、同社は破竹の勢いで店舗網を広げ、18年末までに全国22都市に2073店を開いた。銭氏は19年年末までに店舗数を4500まで増やし、3400店の中国スタバを超える計画を披露した。

瑞幸珈琲の商品は定価でもスタバよりおよそ3割安いうえ、キャンペーンなどにより実勢ではさらに安くなっている。また、注文と支払いはすべて専用アプリで完結し、注文から配達までの所要時間は平均17分弱という。