安形哲夫(あがた・てつお)/1953年生まれ。1976年一橋大学卒業、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2008年同社専務、2011年豊田自動織機副社長などを経て、2013年からジェイテクト社長(撮影:尾形文繁)

「兄よ、ジェイテクトって大丈夫?」──。自虐的なCMで話題になったトヨタ自動車系サプライヤー大手のジェイテクト。かつては歌舞伎の市川海老蔵さんも出演するなど知名度向上に躍起だ。だが、1988年に世界で初めて開発・量産化した電動パワーステアリグのシェアは世界で3割弱を有し、売上高は1兆5000億円規模を誇るグローバル企業だ。ベアリング(軸受け)と工作機械も手掛けるなど事業は幅広い。

ジェイテクトは光洋精工と豊田工機が2006年に合併して発足。創業はそれぞれ戦前と古く、光洋精工は1921年に池田善一郎個人商店として大阪市に設立し、輸入ベアリングを販売後、生産に着手した。一方、豊田工機は1941年にトヨタ自動車の工機部門より分離独立し、愛知県刈谷市に設立。工作機械の生産を開始したのが始まりだ。

電動パワステは軽い力でもハンドルを操作でき、ハンドルと車輪の動きを電動で制御する基幹部品だ。将来の自動運転でも要になるとみられている。自動運転は「認知」「判断」「操作」を繰り返すことになるが、実際に舵を切って車の方向を動かす「操作」を担うのが電動パワステだ。

ジェイテクトは2019年3月にデンソー、アイシン精機、アドヴィックスのトヨタ自動車系3社と自動運転のソフト開発において合弁会社を設立する予定だ。個別開発してきたリソースを結集し、業界標準化を狙う。自動運転にどう挑むのか。安形哲夫社長を直撃した。

ステアリング制御の技術は競争力の源泉

──自動運転技術の競争にどう対応しますか?

パワーステアリング(操舵装置)メーカーとして、自動運転の「操作」領域を中心に担っていく。自動運転は今、レベル3(緊急時以外はシステムが操作)までは実用化が見えており、今後レベル4、5(いずれもシステムがすべて操作)と開発を進めていきたい。

今でもパワステにはコンピューターがついており、ハンドルを切った舵角や横加速度、スピード、路面反力などすべてを演算し、最適なモーターパワー性能を出している。運転手は意識していないため、自分で上手に運転していると思っているけどね(笑)。ステアリング制御の技術こそ競争力の源泉であり、自動運転でも生かせる。ハンドルがなくなっても、舵を切る装置自体は絶対いる。

昨年11月に開催された日本国際工作機械見本市に出展したジェイテクト(撮影:梅谷秀司)

──他社との連携も必要ですか。

自動運転は単独ではできない。自動車メーカーの要求に応えるには、ソフトもハードも持っていないといけない。当然ながらトヨタグループ内でも協業を進める必要があり、デンソーやアイシン精機とはよく話をしている。われわれがタッグを組めば、車両全体の統合制御に加え、ブレーキ制御などもそろう。そうなれば(自動車部品メーカー世界最大手の)独ボッシュとも同じ土俵で戦える。

もっとも最終的にはトヨタグループ外にも売れるような力がないといけない。その力がなければ、トヨタへの本当の貢献にならない。外に売れることでフィードバックがあるし、量産効果も出る。

「図面ができて見積もり依頼をもらっては遅い」

──トヨタグループでは重複解消などを目指す再編の動きが出ています。