まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

「録音して自分の話し方と向き合いましょう」と繰り返しお伝えしてきました。前回までは、録音を聞き直すときの注意点「早口にならないように気をつける」「話す文章は短くする」の2点をアドバイスしました。今回のテーマは、文を長くしないためのポイントです。

文が長くなる原因を考えてみましょう。自分が話しているときの心の中を思い出してみてください。

多くの方は、「普通に話していると『なんとなく』文が長くなってしまうんですよね」と言います。気持ちはわかりますよ。意識しないと私もそうですから。

普段の会話はそれでいいと思います。問題はビジネスでの会話。時間の限られている中、できる限り端的に話すのは、大切なビジネスマナーですよね。