トランプ大統領は国境の壁の拡張を目指している(米国とメキシコの国境付近)(ロイター/アフロ)

昨年末から続く米連邦政府機関の一部閉鎖は1カ月を超え、1995年の21日間を抜いて史上最長となった。だが、35日目の1月25日、トランプ大統領は民主党の提案を全面的に受け入れ、2月15日までの期限付きで政府機関の再開を発表した。

月給制が多い日本と異なり、米国の公務員の給料は2週間に1度支払われる。2019年最初の支給日である1月11日には、多くの公務員に給料が払われなかった。

その3日前の8日、ツイッターでの発信を好むトランプ大統領が、自身初のテレビ演説を行った。「メキシコ国境は大量の違法薬物のパイプライン(輸送路)となっている。何千人もの米国人が不法移民に殺される人道的危機だ」と主張。違法薬物がもたらすコストは年間5000億ドルを超えており、「壁の建設費用の57億ドルはすぐに元が取れる」として必要性を訴えた。この演説の数字の根拠は不明な点が多く、民主党は譲歩しなかった。