日立の英国工場で製造が進むスコットランド向け通勤車両

英国で2009年から走る日立製作所が製造した高速鉄道車両は、日本の鉄道インフラ輸出のシンボルだ。が、高速車両のみならず通勤車両も、日立製は英国で強い支持を得ている。

日立はスコットランドを走る通勤車両70編成を製造中。車両の耐用年数は35年と長く、頑丈さが売り物だ。全座席に電源コンセントを備え、Wi-Fiを装備するなど乗客ニーズにも応える。

川崎重工業、日本車輌製造などが手がけた通勤車両も世界各国を走る。車両の片隅に刻印される日本のメーカー名は信頼の証しだ。

列車の運転や運行管理といった運行業務も、正確・安全という「鉄道力」の源泉だが、海外展開は出遅れていた。しかし世界では各国の鉄道会社が当たり前のように運行業務を国外で展開している。香港の鉄道会社MTRは、英国、スウェーデン、豪州などで運行業務を担う。こうした動きから距離を置いていた日本の鉄道会社もようやく世界への一歩を踏み出した。