(xiangtao / PIXTA)

主要な鉄道会社の大半が導入している鉄道アプリ。遅延情報や乗り換え案内、時刻表、運賃検索機能などが備わっており、利用している人は多い。では、どの鉄道会社のアプリが便利なのか、各社の使い比べをした。

操作手順などの使い勝手は各社で差がある。アプリといっても路線図や運賃検索、時刻表や駅の構内図はブラウザーで開く形が多い。

大手私鉄15社で鉄道アプリ未導入なのは京成、南海、京阪、西鉄の4社だけ。JRは東日本と九州は多機能だが、西日本は運行情報のみだ。