ふじた・すすむ/1973年福井県鯖江市生まれ。県立武生高校、青山学院大学卒業。人材派遣会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア)を経て、98年サイバーエージェントを創業。2016年4月に開局したAbemaTVに注力中。趣味は麻雀。(撮影:今 祥雄)

テレビ朝日との合弁で進めるインターネットテレビ局の「アベマTV」(サイバーエージェントが55.2%出資)は2016年4月の開局以来、先行投資期が続いており、18年9月期はおよそ200億円の営業赤字だった。

同じ期の広告事業のセグメント営業利益は213億円、ゲーム事業の同利益は253億円あるため、全体では十分黒字経営を維持できている。しかし、アベマTVの赤字が続いていることに怖さを感じないのだろうか。

──これまでの累計赤字額は500億円を軽く超えます。

1000億円くらい赤字を出すことを想定しています。

──1000億円までですか?

「まで」ではないです。1000億円を超えることもありえます。

──もう想定の半分には行っているわけで、怖くないですか。

怖いという感覚は、全然ないです。この事業を成功に導く肝となるのは、「長く続けること」。視聴習慣は一朝一夕でつくようなものではない。逆に1回つくとなかなか変わらないので、成功のカギは長く続けることです。

原体験的なものがあるんです。大学4年時の1996年、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が第1志望の就職先でした。多チャンネル衛星放送のディレクTVを始めるというニュースを雑誌で読んで、すごい事業になりそうだと感銘を受けて。

──懐かしいですね。ソフトバンク系のJスカイB、三菱商事以外の商社が組んだパーフェクTV、そして三菱商事系のディレクTV。当時、取材していました。

でもディレクTVは3年ぐらいで撤退しているんですよ。

──まずパーフェクTVとJスカイBが合併し、そこにディレクTVも合流しました。

あれ、長く続けることができれば全然違っていたんじゃないかと思うんですよ。スカパーって、いま非常に高収益な会社になっています。もしディレクTVが単独で続けたとしても十分に成り立ったと思う。だからやはり、ゼロから事業を立ち上げるときは、続ける体力が何よりも必要なわけです。

──CCCは支え切れなかった。創業者の増田(宗昭)さんはCCCでは社長から会長に退き、ディレクTVに集中したものの、その後CCCの社長に復帰しました。

僕も、経営を退いてはいないけど、サイバーエージェントの各事業をほぼほかの人に任せている。それだけ、自分はアベマにコミットしている。ですから増田さんの当時の思いには非常に共感するところがあるんです。

なので、株主の支持を受けながら、いかに長続きさせるかというところが非常に重要。ほかの事業で利益が確保できていれば、まあ大丈夫かな、という感覚です。

──2〜3年で結果が出る、という事業ではないということを株主に納得させる必要がある、と。