写真はイメージです(sasaki106/PIXTA)

「薬はこのように塗ってください」

薬剤師がそう話しかける相手は、パソコンの画面越しにいる患者だ。ここは福岡市にあるきらり薬局名島店の調剤室。患者が住んでいるのは、その薬局から約16キロメートル離れた福岡市志賀島である。

オンラインによる遠隔服薬指導は、福岡市と愛知県、兵庫県養父(やぶ)市という国家戦略特区に絞られ、福岡市と愛知県では実証実験という形で昨年夏から行われている。きらり薬局は実証実験に参加する薬局の1つだ。

現在の医療では調剤に関わる部分以外はオンライン化が進んでいる。医師によるオンライン診療は昨年4月の診療報酬改定で保険適用が認められた。問診など医師と患者の間のやり取りもオンラインでできる。

ところが処方箋発行や服薬指導といった調剤に関わる部分のオンライン化が遅れている。そうした中、政府は「未来投資戦略2018」で服薬指導のオンライン化推進に言及し、国家戦略特区での実証実験も始まった。

きらり薬局名島店がある福岡市は2017年に「福岡市健康先進都市戦略」を策定。「人生100年時代」を見据えた社会モデルづくりに取り組んでいる。オンライン診療についても、全国に先駆けて実証実験を行った。今回の遠隔服薬指導にも、いち早く参加した。