老朽化した設備や地球温暖化で、カリフォルニア州では山火事が頻発。電力大手は破産申請に追い込まれた(ロイター/アフロ)

カリフォルニア州の3分の2の地域にガスと電力を供給する大手PG&Eが、米国時間1月14日に破産法適用申請の準備を進めていることを明らかにし、各方面に混乱を巻き起こしている。

破産申請の理由は、ここ数年で巨額に積み上がった山火事に対する損害賠償金だ。同社の時代遅れの設備や垂れ下がった電線からの発火が、カリフォルニア州での大規模な山火事を引き起こした、と訴えられている。

2017年には17件の山火事で、同社が原因と特定された。同年で最悪となった、通称「ダブズ・ファイア」(サンタ・ローザ市を燃やし22人が死亡)の責任も審査中だ。

また昨年は、カリフォルニア州最大級の山火事「キャンプ・ファイア」によって、リタイアメント・コミュニティー(退職した高齢者が多く住む地域)のパラダイス市を含む1万4000軒の住宅が燃え、85人が死亡。この火事でもPG&Eとの関連が調査されており、賠償責任が100億ドル以上と見積もられている。過去2年の賠償責任は、総額で300億ドルを超すとみられている。