あき・よしかわ/スタンフォード大学医療政策部を立ち上げ。現在は医療コンサルタント。
日本は病院数が世界一多いが、質の高い医療を提供できているわけではない。欧米やアジアで病院の経営分析を行ってきた医療経済学者で、医療コンサルタントを務めるアキ・よしかわ氏に日本の病院の課題を聞いた。

 

──病院数が多いことによる弊害はありますか。

症例が分散して各病院の症例数が少なくなることだ。その結果、医療の質にばらつきが出ている。

私が米国のメイヨークリニックと行った共同研究で、膝(しつ)関節置換術(ひざに人工の関節を入れる手術)の症例数を分析したところ、日本は年間50症例以下の病院が多かった。米国では執刀医1人当たり少なくとも50症例以上なければ質は担保できないといわれているため、この数字は少なすぎる。さらに症例数が少ないほど、手術後の合併症が多いなどアウトカム(成果)が悪いこともわかった。

また米スタンフォード大学との共同研究では、すい臓や心臓など5つの手術の死亡率や合併症発生率で日米間の比較を行った。すると、日本のほうがすべての手術で変動係数(ばらつきを表す数値)が高いという結果になった。

──日本は手術の質の格差が大きいということでしょうか?