グーグル日本法人元社長、村上憲郎氏がIT産業とイノベーションの平成史を振り返る。

むらかみ・のりお●1970年京都大学卒業。日立電子、DECなどを経て、2003年にグーグル米国本社副社長兼日本法人社長就任。現在は東京工業大学学長アドバイザリーボード委員などを兼務。(撮影:今井康一)

日本のコンピューター産業の発展が、出遅れたとは思わない。メインフレーム(大型汎用コンピューター)では米国に完勝した。

いわゆる「第4世代」のコンピューターで勝ったのだから、次も、ということで当時の通商産業省(現・経済産業省)が立ち上げたのが「第5世代コンピュータープロジェクト」だ。その中心となった電総研(現・産業技術総合研究所)や武蔵野通研(現・NTT武蔵野研究開発センタ)は、次世代コンピューターが人工知能(AI)マシンになることを見越していた。