越境の国際政治
越境の国際政治(田所昌幸 著/有斐閣/5500円+税/326ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
たどころ・まさゆき●1956年生まれ。79年京都大学法学部卒業。防衛大学校教授などを経て、現在慶応大学法学部教授。専門は国際政治学。『国連財政──予算から見た国連の実像』『「アメリカ」を超えたドル──金融グローバリゼーションと通貨外交』など著書多数。

非正規移民は防げない 訪日者増え、必要な覚悟

評者 BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

日本は出入国管理法を改正し、4月から外国人の単純労働を事実上解禁する。移民社会に向け、どのような覚悟が必要か。米墨国境の壁建設問題やブレグジット、欧州のポピュリズム問題など、いずれも移民が関係する。

モノやカネの国際移動では、国際貿易制度や国際金融制度など普遍的なレジームが構築されているが、人の移動は難民を除くと国際的取り決めが存在しない。本書は資本移動が国家や国際政治に与える影響の分析で定評のある国際政治学者が、移民の与える影響を分析したものだ。

モノやカネと異なり、人の流れは一度できあがると継続する。後発者が先発者のネットワークを頼り、川の流れのように一定の経路が作られるためだ。一度移民コミュニティが生まれると、国境を超えた送出国とのネットワークが形成され、受入国と送出国の思惑を超えてダイナミックに人が移動する。

欧州では、生活拠点を築いたゲストワーカーが定住を選択し、家族を呼び寄せたため、移民流入が継続した。社会の分断を避けようと、移民を福祉制度で包摂するリベラルな政策が取られた。今回、そうした選択を避けた日本もいずれ同じ道を歩まざるを得ないのか。欧州では、福祉サービスの受給対象を移民へ広げたことに不満を持つ有権者が増え、それが現在の政治混乱につながっている。

国境は想像以上に透過性が高く、密入国を防ぐのは物理的に容易ではないという。非正規移民の多くは合法的に入国した人が不法滞在する形で発生するので、国境の管理強化では排除できないのだ。近年、訪日外国人が急増しているが、それに伴い不法滞在が増えるのは止むを得ないのか。各国は事態正常化のため、滞在が長期化した非正規移民の地位を合法化している。

最も興味深いのは、在外同胞に対し送出国の政府が関与を強めている点だ。多数の在外同胞を抱えるロシアや中国、インドは、戦略的な関与を探っている。日本で最も多い外国人は中国人だが、同国は経済的なパートナーであると同時に、安全保障上の最も深刻な脅威でもある。ただ、彼らは中国政府と必ずしも同じ意見を持つわけではない。

日本に来る人を日本の新たなメンバーとして受け入れ、仲間とするのか。それとも排他的対応を取り、敵対的な外部勢力の側に追いやるのか。それは私たちの選択次第である。人権だけでなく、戦略的な視点も必要だろう。