故宮博物院南院。敷地70ヘクタールの中央に水墨画をモチーフにした博物館が立つ

台湾の高速鉄道である「高鉄」は、日本の新幹線に非常によく似ていることで知られている。2007年に日本の技術を導入して開業。車内もモケットの色や案内の文字を除けば、どこからどう見ても新幹線の700系にしか思えない。

だが、大きく異なる点がいくつかある。その1つが金額だ。18年12月に台湾を訪問した際、外国人向けの「高鉄3日パス」を購入したが、3日間指定席に乗り放題で2200台湾ドル(約7800円)。これは東京と熱海を新幹線の指定席で往復するよりも安い。

もう1つ異なるのが、駅の多くが街の中心部から遠く離れていることだ。台北こそ既存の駅に隣接しているが、そのほかの多くの都市では、市街の中心部まで鉄道やバスなどでの移動を強いられる。