(Getty Images)

今回紹介するロドニー・ブルックスはロボット掃除機「ルンバ」を作った異彩を放つロボットエンジニアだ。

ブルックスは1954年、オーストラリアのアデレードで生まれた。彼自身の言葉によると「地理学的にも僻地であるばかりでなく、欧州や北米の技術革新の動きから遠く離れているという意味でも、紛れもない僻地だった」。

父親がオーストラリア軍の研究所の電気技師だった影響でものづくりが好きだった。少年時代にグレイ・ウォルターの本を読み、トランジスタを使って「ノーマン」というロボットを作った。

地元オーストラリアのフリンダース大学数学科に入学し、コンピューターに熱中。コンピューターへの思いはやまず、77年に同大学院数学科博士課程を中退、スタンフォード大学人工知能研究所(SAIL)の助手になった。同大学院コンピューター科学科博士課程を81年に修了しPhDとなる。