昨年10月のハロウィーン。渋谷でバカ騒ぎをした若者が軽トラックを横転させた。その後、わずか2週間で事件に関わった15人が特定され、1カ月余りして、そのうち4人が逮捕された。

警視庁は、4万人もの群衆からどうやって犯人を特定したのか。街中の250台の防犯カメラに加えて、現場をスマホで撮影した映像を情報提供してもらったという。連想されるのは、AI(人工知能)を使った顔認証技術での照合だ。

ただ、身元を特定するには、別の情報が必要であるように思える。逮捕者4人は互いに面識がなく、それぞれの住所は東京都世田谷区、目黒区、神奈川県川崎市、山梨県富士吉田市。駅や自宅近くの防犯カメラの情報が別にあったのだろうか。私たちが知らない巨大な情報網があって、個人情報が蓄積されている可能性を暗示させる。