魚沼基幹病院は高度急性期医療を担う病院にもかかわらず軽症患者で繁忙

魚沼基幹病院(454床)は、新潟県の魚沼地域で高度急性期・3次救急を担う拠点として2015年に開院した。新潟県が設置し、一般財団法人・新潟県地域医療推進機構が運営する。

1月のある朝の9時。広くて真新しい待合室は外来患者でごった返していた。「2時間も待たされた。予約なしだったとはいえひどい」。受付の奥にある、意見や苦情を掲載するボードにそんな怒りの声があった。予約も紹介状もなく来る患者も多そうだった。

新潟大学医歯学総合病院の院長をしていた内山聖氏が、魚沼基幹病院長のポストを県から打診されたのは病院設置まであと2年に迫った13年だった。

魚沼基幹病院は地域で手薄だった高度医療を行う拠点として計画された。魚沼市を中心とする医療圏には3次救急(重症患者対応)を担う病院がなく、県がその設置を急いでいた。一方で、県立と市立の病院が4つあり、医療圏全体で病院床削減と機能分化が課題だった。

魚沼のケースは、再編による規模縮小と高度医療の提供を一挙に狙い、「地域医療構想のモデル」として全国からも注目された。