藤岡高広(ふじおか・たかひろ)/1954年生まれ。1979年信州大学大学院精密工学専攻修了、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2006年に同社常務役員。2011年から現職(撮影:永谷正樹)

愛知製鋼は「よきクルマは、よきハガネから」の信念のもと、エンジン向けなどを手掛けてきた特殊鋼メーカー大手で、高い加工技術が評価されている。トヨタグループの祖である豊田自動織機が自動車を始めるにあたり、1934年に設立した製鋼部がルーツだ。当時の輸入車に対抗できる国産自動車の量産化には品質の高い鉄が必要と考え、耐久性が高く切削性もある特殊鋼の製造に挑んできた。

愛知製鋼の刈谷工場(愛知県刈谷市)の一角には、トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎氏が乗用車の試作第一号に取り組んだ場所が今も残されている。東棟と西棟を合わせて約1700平方メートルの広さがあり、そのうち東棟にガラス越しに工場内部を見られるシェルター式の見学室を設けている。見学室以外の壁や窓ガラス、床などは当時のまま残している。2018年夏から一般見学ができるようになった。

実はこの建屋は当初、取り壊す予定だった。だが、喜一郎氏の孫であるトヨタ自動車の豊田章男社長が取り壊し直前に訪れ、周囲に「創業期のオーラを感じる。このままの姿で後世まで保存したい」と伝え、解体から一転して保存へと動き出した。「まさに鶴の一声だった」と関係者は振り返る。今ではトヨタグループ関係者が多く訪れる原点回帰の“聖地”となっている場所だ。

もっとも郷愁ばかりでは生き残れない。100年に1度の変革期にある自動車業界。EV(電気自動車)など電動化が進めば、エンジンはなくなり、使用する鋼材も減る可能性がある。愛知製鋼も危機感を強めており、新素材や新技術に挑んでいる。トヨタの燃料電池車「MIRAI」向けにはステンレス鋼の部品を納めているほか、最近は自動運転支援の磁気マーカシステムなどでも存在感を出している。伝統と革新のバランスをどう両立するか。2011年から愛知製鋼の社長を務める藤岡高広氏を直撃した。

次世代のスマート分野に対応した開発力

──トヨタのEVを強化する流れにどう対応しますか?

昔はトヨタ自動車に素材や部品を売っていたらやっていけた。これからは違った世界に対して、幅広くものを考えないと生きていけない。クランクシャフトやコンロッドなどのエンジン部材が減っていく。それらに使う鋼材が減っていくことも目に見えている。何も手を打たなければ、ある程度の影響は避けられない。それでは生きていけないよ。

──具体的に何をしていく必要がありますか。

次世代のスマート分野に対応した開発力をつけていく。2018年1月には専門部署「未来創生開発部」を新設した。兼務を含め約80人体制でEV(電気自動車)モーター用の磁石や電池材料、次世代インバーター部品などの開発を強化する。

注力している1つが(磁石を埋め込んだ道路をセンサーでたどる)自動運転向けの磁気マーカシステム。白線並みのコストで埋めることができ、すでにバスで実証実験が進んでいる。GPS(全地球測位システム)やカメラを使う自動運転の場合、悪天候時の作動が厳しいが、当社のシステムではその問題がない。欧州から引き合いがあり、手応えを感じている。

愛知製鋼刈谷工場の敷地内にある、トヨタ自動車創業期の試作工場。2018年7月から無料で一般公開されている(記者撮影)

──ソフトバンクも参画する自動運転ベンチャー企業への出資を2018年2月に発表しました。

われわれはセンサーなど重要な部品を提供しており、その中での発言権が欲しい。ソフトバンクは事業を進めていくスピードが速い。当社も勉強しないといけない。だから、中に入ってもまれている。

将来どんなビジネスモデルになるかはこれからの大きな課題だ。今は国の実証実験でやっているのでおカネは関係ない。だが、将来的には異業種とのせめぎ合いの中、われわれがどう関与し、どういう課金システムを構築していくのか。いろいろ問題が出てくると思うが、やりながら決めていきたい。

「テスラはすごいよ」

──米テスラのEV「モデルS」を会社で購入したと聞きました。理由は何でしょうか。