米国メルカリはシリコンバレーに新オフィスを開設

山田進太郎会長の熱心な質問に表れているとおり、メルカリの目下最大の課題が米国事業だ。

“勝者総取り”ともいわれるフリマサービス市場。同社はそのチャンスを逃すまいと、日本でのアプリの投入からわずか半年後の2014年1月に米国法人を設立。同年9月には米国版アプリの提供を始めた。

だが、米国メルカリの流通総額は、拡大基調にはあるものの、いまだ日本の10分の1程度にとどまる。

17年9月、メルカリの米国法人ではグーグルやフェイスブックなどで要職を歴任したジョン・ラーゲリン氏がCEOに就任。その後は現地化策を加速している。