えびはら武司(えびはら・たけし)/1954年生まれ。高校卒業後、73年千代田デザイナー学院入学、同時に藤子スタジオにアシスタント入社。75年退社後、映画配給会社、広告代理店を経て80年『まいっちんぐマチコ先生』を『少年チャレンジ』で連載開始。追ってアニメ、実写版、舞台版も。(撮影:梅谷秀司)
国民的漫画『ドラえもん』は来年で生誕50年。その愛され続ける理由とは。1番弟子の著者が8コマ漫画で舞台裏を描く。

 

──リオ五輪の閉会式、次の東京五輪のPR映像でも「ドラえもん」は重要な役で登場しましたね。

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編
藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編(えびはら武司 著/竹書房/1300円+税/184ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

作者の「藤子不二雄」とは藤本弘(後に、藤子・F・不二雄)と安孫子素雄(同、藤子不二雄A)の合作ペンネーム。『オバケのQ太郎』でブレークしました。ただ僕が2人の「藤子スタジオ」に弟子入りした1973年にはもう合作はやめていて、ドラえもんは藤本先生と僕のほぼ2人で描いていました。

──ドラえもんの詳細はチーフアシスタントさんが決めたとか、いろんな裏話が出てきます。案外そんなノリで進めていくものなんですか? 手が回らないときは助っ人を呼んで代筆を任せるとか。

話の流れで重要な設定はもちろん先生が考えます。でもストーリーに直接関係ない属性は、勝手にやってという感じ。「ジャイアン」の本名「タケシ」も僕の名前。最初ジャイアンはジャイアンで通してた。名前をつけて同名の子がいじめられたらかわいそうだから、と。でもそのうち、「何でジャイアンだけ名前がないんですか?」って子供たちから投書が来た。それで急きょ、隣で手伝ってた僕の名前と誕生日が使われました。

“黒歴史”を乗り越えて人気勝ち得たドラえもん

──今や押しも押されもせぬドラえもんにも“黒歴史”があったとか。