ムジカエテルナ芸術監督テオドール・クルレンツィス(©Olya Runyova)

2月に東京で3公演、大阪で1公演を予定するテオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ。

1972年ギリシャ生まれのクルレンツィスは、ロシアのサンクトペテルブルク音楽院で指揮を学び、自ら組織した精鋭管弦楽団ムジカエテルナとムジカエテルナ合唱団を率いてクラシック界に新風を吹き込んでいる風雲児だ。

世界各地で称賛されているそのレパートリーは、フランスバロックのラモーやモーツァルトのオペラにレクイエム、そしてベートーヴェンにチャイコフスキー&マーラーなどと幅広い。

しかもそれら聴き慣れた名作の数々が、彼の指揮を通して目を見張るほど新鮮な姿となって再現されるのだから、世界中の音楽ファンが魅了されるのも納得だ。まさに「誰にでもわかるすごさ」の意味を実感させてくれる存在なのだ。