まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

前回、「話し方の向上のために、まず録音しましょう」と書きました。次の段階は、その録音したものをどう聞くか、です。

これが話し方を向上させるうえで最初のハードルです。何も考えずに聞くと、自分の声が変に思えて聞く気にならないからです。

まずは声質について無視するようにしてください。この連載での最優先の目標は「聞いている人が理解しやすい」話し方を会得することです。声の良しあしは、今のところは放っておきましょう。

録音を聞くとき気にしていただきたいのは、話す「スピード」です。注意しないと聞き取れないようなスピードで話していないか、チェックしてみてください。

私がトレーニングしている方の多くは、録音した自分の話し方を聞くと大抵の場合「滑舌がよくないですね〜」と言います。これ、大きな勘違いなんです。