今年の米家電ショーでエヌビディアはゲーム向けの拡大を強調した

米中摩擦や中国市場の減速を背景に、好調だった半導体業界が曲がり角にさしかかっている。半導体で世界首位の韓国・サムスン電子は1月8日、2018年10~12月期の営業利益が前期比約3割減の10.8兆ウォン(約1兆400億円)になると発表した。

世界大手の株価は昨年から下落基調を強めており、台湾のTSMCは直近1年で2割近く下落。近年急成長を遂げた米エヌビディアは9月のピークに比べると半値程度に沈んでいる。

半導体市場の拡大を牽引してきたスマートフォンでは、中国の需要減速が想定以上だったとして、アップルが年初に売上高の予想(18年10~12月)を引き下げた。これがトリガーとなり、株式市場が大きく動揺した。