いでい のぶゆき/1937年生まれ。56年早大高等学院卒。大学卒業後ソニーに入社。社長・会長を務めた後、クオンタムリープ代表取締役CEOとして若手経営者を育成している。
[写真] 高校時代に購入した「NIKON S」。写真部で活躍した頃の思い出の品だ(撮影:梅谷秀司)

「早稲田とソニーには似たところがある」

ソニーの社長・会長を務めた出井伸之氏、早稲田大学高等学院から第一政治経済学部に進み、1960年に卒業した。早稲田を選んだ理由は、父親(経済学者で早稲田大学教授だった盛之氏)の熱心な勧めがあったためだという。

「小学校と中学校は成城学園。しかし大学教員や職員の子どもは授業料が安くなるからと、父から早稲田に行けと言われたのです。私が早稲田に行ったのは、いわば父の命令でした」

冗談のようにこう語るが、早稲田への進学を勧めたのは何も経済的な理由ではない。5人姉弟の末っ子の出井氏には、14歳で病死した長兄がいる。その兄が亡くなった後に生まれた男の子を両親は溺愛した。父親が早稲田進学を強く勧めた本当の理由は、かわいい息子を自分のそばに置きたかったということだろう。

「成城学園と早稲田ではカルチャーが正反対。成城学園には山の手の雰囲気があり、初等学校は生徒の自主学習をサポートするという教育方針でした。それに対して早稲田はバンカラで、教育方針も全然違う。高校の授業でも大学教授が教えに来て、大学の講義という雰囲気でしたから」

(撮影:今井康一)