マーケティングは神話だった、というとき、それはまず「科学的な検証を欠いていた」という意味だ。第3回と4回そして5回の冒頭ではこの点を掘り下げていきたい。

病気の原因を突き止めようとしたとき、医学には2つのアプローチがある。病理学と疫学だ。まず病理学的なアプローチだが、これはマーケティングの世界では望むべくもなかった。

顧客一人ひとりがどのような経路で商品を知り、興味を持ち、最終的に購入するに至ったのか。これを「カスタマージャーニー」と呼ぶが、マスマーケティングの時代、この道程は解剖=詳細に分析できるものではなかったからだ。

しかしアドテクノロジーがこの状況を変えた。インターネットにおける一人の顧客の行動、例えばバナーや動画を見た(が、クリックはしていない)後に特定のワードで検索をした、などと詳細に追うことが、ブラウザクッキーの技術により可能になった。