デジタル化は中国の交通環境を大きく変えた。写真は海南省海口駅の顔認証システム(筆者撮影)

今年は2月5日が春節(旧暦1月1日)で、中国はいま帰省のための「民族大移動」真っ盛りだ。毎年恒例の国民的行事だが、近年は交通網のバージョンアップやデジタル化の進展、働き方の変化などで様変わり。駅に群衆が詰めかけ、何日もかけて故郷に帰る風景は過去のものとなりつつある。

中国政府は1月21日~3月1日を「春運」(春節の特別輸送)期間と定め、この間の帰省客を延べ29億2000万人、対前年比0.6%増と予想している。内訳は道路(バス、自家用車など)24億6000万人(同0.8%減)、鉄道4億1300万人(同8.3%増)、航空機7300万人(同12%増)などとなっている。長距離バスを中心とした道路交通利用が減る一方、大きく増えているのが高速鉄道と航空機の利用だ。中でも高速鉄道は定番だった夜行列車に代わり、帰省手段の主役となった感がある。