取材に応じる任正非氏(撮影:梅谷秀司)

通信機器大手、中国・華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の創業者である任正非(レン・ツェンフェイ)最高経営責任者(CEO)が1月18日夕刻、中国・深センの本社で、日本の記者団の取材に応じた。

アメリカや英国など複数の国が同社製品に対し、中国政府によるサイバースパイ行為に使われている疑惑があるとみていることに対し、「われわれのコアの価値観は顧客中心。顧客の不利益になることはやらない。また、そもそも通信設備メーカーであり、(サイバースパイで盗み出すような)データを持ち合わせてない。データはすべて、顧客である通信事業者が保有するものだ」と否定した。