イラスト:谷山彩子

若くしてマスコミに華々しく名前を取り上げられる人たちを見れば、自分はなんてイマイチなのか、と落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

しかし気にすることはありません……というか、むしろ積極的に、あまり若いうちに脚光を浴びることは避けたほうがよいと私は思っています。

というのも、人生の、早すぎるタイミングで脚光を浴びてしまうと、その時期しかできないインプットが足りなくなり、その後のキャリアで、まるで泉が枯れるようにアウトプットできなくなってしまう可能性が高いからです。

この点について考えたときに、いつも思い出してしまう2人のピアニストがいます。

1人は米国のヴァン・クライバーン。そしてもう1人がイタリアのマウリツィオ・ポリーニです。この2人の対比は「あまりにも人生の早い時期に名声を得てしまうと、その後のキャリアを台無しにしかねない」という事実を鮮やかに見せてくれます。