アマゾンが買収した米国の高級自然食品スーパー、ホールフーズ(AP/アフロ)

EC(ネット通販)の雄、米アマゾンが米国の高級自然食品スーパー、ホールフーズを137億ドル(約1.5兆円)で買収したのは2017年8月。買収後、アマゾンは「プライムナウ」というサービス名でホールフーズの商品を店舗から届けている。商品への信頼に加え、35ドル以上買えば月会費も送料負担もなし、最短2時間(1時間は有料)で届くため、人気となっている。すでに主要63都市に広がっている。

このように数々の仕掛けを打ち出すことから、17年4月に日本に上陸した「アマゾンフレッシュ」は、多くの日本の食品スーパー経営者に脅威に映った。日本では地域に根付く食品スーパーがしのぎを削っている。アマゾンフレッシュが上陸したときは「ついに来るべきものが来た」と、スーパー各社は一様に戦々恐々としていた。

だが、今までのところ予想に反して苦戦している。「まさかアマゾンがここまでコケるとは」という声が、取引しているメーカーや卸会社から上がるほどだ。

アマゾンフレッシュはアマゾンが「プライム会員」向けに提供するネットスーパー。プライム会員は会員費(年間3900円または月間400円)を払って登録する有料会員で、無料配送、動画見放題などさまざまな特典やサービスを受けられる。アマゾンフレッシュもその1つで、生鮮品や牛乳、卵などの食品や日用品を注文から最短4時間で届けてくれる(別途、アマゾンフレッシュの会員費が月間500円必要)。