ごみ・ひろふみ●1972年大蔵省入省。97年金融監督庁設立準備室主幹。検査部長・局長、監督局長などを歴任した後、2004年7月に第4代金融庁長官就任。現在は西村あさひ法律事務所顧問。(撮影:尾形文繁)

金融庁が特別検査を行った結果、国内銀行の不良債権比率は5.3%から8.4%に膨らんだ(2002年3月期)。不良債権残高は33.6兆円から43.2兆円へ。銀行の想定を大きく超えた額だったが「100兆円ある」という報道も当時飛び出していた中、実像を国が明らかにしたことは、逆に世間の混乱を鎮(しず)める効果を生んだ。海外からも特別検査への評価の声が上がった。

それからの処理は比較的順調に進んだと思う。新規に発生した不良債権は1年以内に5割削減、2年以内に8割削減というルールが設定され、05年3月までに不良債権の水準を半分にするというターゲットも政府によって掲げられた。期限と水準を明確に区切り、受け皿としての事業体(産業再生機構)も用意する、こうした政策パッケージが功を奏した。