(Getty Images)

グーグル共同創業者のラリー・ペイジ(写真左)は1973年ミシガン州に生まれた。父親はコンピューター科学の博士号を持っていた。ユダヤ人である母親もコンピュータープログラミングを教えたことがある。ペイジはミシガン大学でコンピューター科学の学位を取得し、スタンフォード大学大学院コンピューター科学科で修士号を取得した後、博士課程に進んだ。

もう1人の創業者であるセルゲイ・ブリン(写真右)は、73年モスクワ生まれ。両親ともにユダヤ人でモスクワ大学の卒業生であった。父親は数学者で、79年に家族と米国に移住した。ブリンは、メリーランド大学のコンピューター科学の学位を取得し、スタンフォード大学大学院コンピューター科学科で修士号を取得した後、博士課程に進んだ。

2人に共通しているのは、少年時代、モンテッソーリ・スクールに通っていたことだ。そこで自主性や独創性が養われた。最初2人は仲がよくなかったが、しだいに打ち解け、共著で「大規模なハイパーテキスト的なウェブ検索エンジンの解析」という論文を書いた。