トランプ氏への反発が強まる中、リベラル派の砦としてギンズバーグ判事への期待は高い(AP/アフロ)

連邦最高裁判所のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の去就が注目されている。2018年末に肺の悪性腫瘍摘出手術を受けたギンズバーグ判事は、退院こそしたものの、年初の口頭弁論を欠席している。

リベラル派の同氏は、民主党の支持者に絶大な人気を誇る。米国でリベラル派の英雄といえば、JFK(ケネディ大統領)、MLK(キング牧師)で、ギンズバーグ判事もその名前の頭文字から、「RBG」として親しまれている。

18年は、これまでになくRBGが注目された年だった。5月に同氏の経歴を追ったドキュメンタリー映画『RBG』が公開されたかと思えば、12月には英女優のフェリシティ・ジョーンズ氏が若き日の同判事を演じた映画『ビリーブ 未来への大逆転』(邦題)が米国で封切られた。前者はアカデミー賞の有力候補といわれ、後者は日本でも今年3月に公開予定である。

時ならぬRBG人気の背景には、党派対立に巻き込まれつつある司法の現状がある。司法を通じてトランプ政権に立ち向かってきた民主党にとって、RBGは死守すべき「砦」なのである。