中国の電気自動車メーカー「Byton」の「M-Byte」(写真:REUTERS/Jason Lee)

CESでお披露目されたこの自動車のディスプレイを見ると、まるで映画の中にいるように感じても不思議ではない。

「これはSFではありません!」

中国の電気自動車メーカー「Byton」のカーステン・ブライトフェルド会長兼CEOは、「M-Byte」の内装に備えられた48インチスクリーンを指して、こう言った。

「M-Byte」が生産されるのは、2019年後半になる予定だ。しかし、中国のBOEテクノロジー・グループが供給するその巨大なディスプレイは、自動車業界において受け入れざるを得ないトレンドを示している。それはディスプレイの重要性だ。

スクリーンはデジタルの世界につながる窓

このトレンドは、コネクテッドカーの増加により加速された。

「スクリーンはデジタルの世界につながる窓です」と、メルセデス・ベンツのパートナーであるダイムラーAGのゴードン・ワグナー最高デザイン責任者は述べた。

CES 2019で公開されたBytonの電気自動車「M-Byte」。この自動車の特徴はダッシュボードの巨大スクリーンだ(写真:REUTERS/Steve Marcus)

「スクリーンは新しい馬力なのです」

2019年型メルセデスEQCクロスオーバーは、ガラスの表面の後ろで独立スクリーンを形作る、2つの10.25インチ型ディスプレイを特徴とする。

サイズを大きくしているのは、未来的なラグジュアリー電気自動車だけではない。フィアット・クライスラーの2019年型RAM1500トラックは、そのダッシュボードに12インチの縦型ディスプレイを備えている。