ごみ・ひろふみ●1972年大蔵省入省。97年金融監督庁設立準備室主幹。検査部長・局長、監督局長などを歴任した後、2004年7月に第4代金融庁長官就任。現在は西村あさひ法律事務所顧問。(撮影:尾形文繁)

金融庁(当時、金融監督庁)が銀行の貸出債権を検査する指針である金融検査マニュアルを私が検査部長のとき策定した。

1998年秋、銀行各行から信用リスク管理の担当者を集めて、1回目の検討会を開いた。「これぐらいのことは最低限検査しなければならない」と、厳しい意見が次々飛び出した。やはりリスク管理のプロは違うと私も感心したが、議論を基にマニュアルの素案を作ってパブリックコメントにかけたところ、銀行界で大騒ぎになった。