筆者の堺屋氏は2月8日 午後8時19分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去しました。享年83。本連載「堺屋太一の人類発明史」は50回の全体構想を練った上でスタートをしたものですが、未完で終わりました。堺屋氏が最後に手がけた壮大なスケールの本連載を幅広い皆さまに読んでいただけるよう、無料開放させていただきます。謹んで堺屋氏のご冥福をお祈りします。(編集部)

 

人類の歴史はわずかに数万年、35億年にも及ぶ地球の生命の歴史に比べれば「ごく最近生まれた生物」である。

それがたちまちにして地球上にはびこり、80億人近くまで数を増やし、地球上の各所を改造し、自らに都合のよいように作り変えている。

人類なる生物がそれほどまでに成功したのは、数万年間の技術的社会的言語的な進歩・改善があったからだ。それをこの連載では「いくつかの時代」に分け、各時代の「重大な発見・発明」を並べてみたい。

近現代には、少数の天才や研究組織によって発見・発明された技術や制度も多いが、太古においては大勢の人々が少しずつ進歩させ、長い間に広く普及したものが多い。また、「一つのことが起こったから次のことが生じた」と推定される連関性のある事柄も多い。

そんなことに注意しながら、「サル」を「文明人」にした発見・発明を選んでみた。