うえだ・たかゆき●1956年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、旧通商産業省入省。経済産業審議官を経て、2017年に国際石油開発帝石副社長。18年6月から現職。(撮影:梅谷秀司)

原油からガスへとシフト 世界トップ10入り目指す

豪州でLNG(液化天然ガス)を大規模生産する「イクシス」プロジェクトが、2018年夏に生産開始に至った。海底で産出された天然ガスを海上輸送に適したLNGにして出荷するもので、最上流のガス田開発や890キロメートルに及ぶ海底パイプラインの敷設、巨大な陸上液化施設の建設など、総投資額が4兆円を超える一大プロジェクトだ。

当社が入札で西豪州沖の鉱区を取得したのが1998年。探鉱などを経て、12年に正式な投資決定をして工事に取りかかった。そこから生産開始まで6年、鉱区取得から数えれば20年もの年月を費やした。LNGの年間生産量は約890万トンに上り、大半を日本の電力・ガス会社へ長期間供給する。

──業績への貢献は?