東京地方検察庁特別捜査部の捜査には、特殊な文化がある。このことは、筆者のように特捜検察に逮捕され、取り調べを受けた経験のある者にしかわからないところがある。

特捜検察が独自に捜査を行おうとしても、警察と比較して捜査員が圧倒的に少ない。そこで検察が重視するのが、マスメディアと、ターゲット(標的)とする人物が所属する組織の内部抗争だ。11月19日に当時、日産自動車会長だったカルロス・ゴーン氏(64)は、羽田空港で検察官に任意同行を求められた。任意同行を拒否すれば、その場で逮捕されたはずだ。検察官は逮捕状を持参していたと思う。

筆者にはユニークな経験がある。2002年5月14日の午後2時すぎに、当時筆者が勤務していた外務省外交史料館(東京都港区麻布台)に検察官1人と数人の検察事務官がやってきた。検察官と事務官は外交史料館長室に入った。打ち合わせをしていたのであろう。数分後に、館長が筆者を呼んだ。館長が「こちらにおられるのは東京地方検察庁の検事さんだが、佐藤君に話を聞きたいので検察庁に来てほしいと言っているんだ」と伝えた。筆者は「せっかくのお話ですが、任意ならば行きません」と答えた。すると、目を血走らせた事務官が興奮して「佐藤さん、わがままですよ」と上ずった声で言った。

するとソファに座っていた検事が事務官を制して、「失礼いたしました。ごあいさつもせずに。西村と申します」と言って名刺を渡した。名刺には「東京地方検察庁特別捜査部検事・西村尚芳」と書いてあった。西村氏は最高検検事、大阪地検特捜部長を歴任し、現在は青森地検の検事正だ。拙著『国家の罠──外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫)を読むとわかるが、西村氏は能力が高く、人間的にも優れた人物だ。検察官という立場で可能な限り、時にはリスクを負ってでも、筆者が極度に不利な状況に陥らず、人生のやり直しができるように配慮してくれた。鈴木宗男事件が国策捜査だと教えてくれたのも西村氏だ。こういう優れた「敵」と対峙するのは、実に大変だった。当時も今も筆者は、西村氏に対しては悪い感情を持っていない。