メーカーに作業員や技術者を派遣する製造派遣業は、景気や相手先企業の動向に翻弄される。先方が生産を縮小すれば、派遣元は人員を減らさざるをえない。それが「派遣切り」だ。時に社会問題化し、指弾される。

そうした業界にあって、UTグループは社員を正社員として雇い、相手先企業に送る。キャリア形成も積極的に行ってきた。たとえば、現場で仕事を覚えてチームリーダーを務める社員がマネジャーに「エントリー」する制度がある。高校中退後、時給900円で派遣された男性がこの階段を駆け上がり、現在は執行役員に就いている。

UTグループは創業24年、売上高817億円、営業利益51億円の業界大手に成長した。毎月約1万人の応募者があり、半数を面接して1000人を採用する。製造派遣では業界一の成長率だ。創業者の若山陽一(わかやま・よういち、47)は、こう語る。

「一般の派遣で働く人は職場の1年先も見通せず、情報もない。孤立しています。だけど、先輩が後輩にスキルを教え、学び、高める循環ができれば、誰でも将来に希望を見いだせる。われわれは無期雇用で、人材育成プログラムや昇格の人事制度を導入しました。社内報も発行し、つながりを意識しています。そのあたりに人情を感じてもらっているのでしょう」

東京・五反田の本社。背景にいるのはフリーアドレスの席で働いている本社勤務の社員たち(撮影:大澤 誠)

前述の時給900円からのたたき上げ執行役員・小野雅人(39)は、自身の転機を振り返る。

「スノーボードが好きで2002年に雪の多い新潟の工場に派遣で入りました。キャリアアップなんて諦めていた。でもリーダーになり8人のチームをまとめて目が覚めました。高校を辞め、大検には受かったけど『進学せずビッグになってやる』と吹いていた頃の夢が目標に変わり、仕事にのめり込みました。UTでなければ、無理だったでしょう」

もちろん、UTに入れば誰でも昇進できるわけではない。リーダーがエントリーしてマネジャーになれる確率は25%。何度もトライする必要がある。希望と挑戦がUTの原動力だ。若山は「人の成長」という旗を掲げ、派遣業界を牽引する。派遣業の思潮を変える経営者といえよう。その来歴はまさに山あり、谷ありであった。