工事現場には南インドや中国出身の労働者が多い

2013年12月8日、シンガポールにとって衝撃的な事件が起きた。44年ぶりの暴動だ。

インド人労働者がバスにひかれた事故をきっかけに混乱が発生。約400人の外国人労働者が、駆けつけた警察車両や救急車に襲いかかり火をつけた。

事件の現場は中心街に近いリトルインディア。休日の日曜だったこともあり、インドなどから来た労働者らが集まっていた。人が集まる場所と曜日だっただけに暴力は拡散。メディアには黒焦げになった車両の映像や写真が流れた。デモなどを厳しく制限する統制国家のシンガポールだけに、国民の間に激震が走った。

その後、政府は治安維持を強化するために、監視カメラを増設。街灯型監視カメラを11万本設ける計画などを打ち出している。

1人当たりGDP(国内総生産)が5万8000米ドルとアジアの国々で最も豊かで、急速な経済成長を遂げるシンガポール。出生率が1.20と日本の1.44(ともに16年)より低いため、少子高齢化が加速している。労働力が足りず、移民に頼らざるをえない状況だ。