ケリー(右)、マティス(左)両氏の退任で、2019年のトランプ政権はさらに混乱しそうだ(Abaca/アフロ)

2019年の米国はどうなるのか? 現時点でわかるのは、トランプ大統領の独断がますます強まり政権の混迷が深まることだ。そして米国の求心力がさらに低下し、世界の秩序も損なわれていくだろう。

昨年12月8日、トランプ大統領はジョン・ケリー首席補佐官が退任すると発表した。海兵隊出身のケリー氏は17年7月の就任以来、ホワイトハウスと大統領の管理に一定の成果をもたらした人物だ。しかし18年2月ごろからトランプ氏の信頼を失い、大統領の行動を制御できなくなった。

以来トランプ大統領は、ケリー氏のような正規のアドバイザーの意見はほとんど聞かず、自身の直感に頼る政策を進めた。自身の直感を否定する人物の話よりは、持ち上げる人物の話しか聞かなくなった。その結果が、中国だけでなく日欧などに対する保護主義やイランとの包括的核合意からの離脱、北朝鮮への指針なき接近などで、米国が築き上げた信頼と世界秩序を自ら崩壊させる政策だった。

後任の首席補佐官選びは難航し、マルバニー行政管理予算局長が代行として就任した。だが、彼が大統領の管理という「不可能な仕事」に挑むとは思えない。

ある米国の安全保障専門家は、「トランプ大統領は多くの閣僚やスタッフをクビにするたびに、より大統領に忠誠を示し耳の痛いことを言わない人物に替えてきた」と指摘する。トランプ大統領自身がまっとうな人間であるならば政権は安定するのだが、肝心の大統領に一定の方向性や秩序がない以上、混乱は必至といえる。