きくかわ・まさずみ●1959年、神奈川県生まれ。東京大学農学部卒業。84年にライオン入社。衣料用洗剤などの研究に長く携わる。2012年取締役、19年1月1日から現職。(撮影:梅谷秀司)

洗濯機メーカーと提携し 新形状の洗剤を開発する

衣料用洗剤はいま激しい価格競争に陥っている。それはわれわれが新しいものを世の中に提供できていなかったからだ。

そこで注目しているのが、洗濯機の進化。パナソニックは数年前に(衣料用洗剤の)自動投入機能を搭載した全自動洗濯機を発売した。この洗濯機のポイントはスマートフォンで遠隔操作ができるところ。共働きの家庭で、家に帰る1時間前にスマホでスタートボタンを押しておけば帰宅する頃には洗濯が終わっている。自動投入機能が普及すると、そのときの洗剤や柔軟剤は今とまったく違うものになっているかもしれない。

──新製品の開発をどのように進めていきますか。