東京23区より少し広いくらいの国土に約560万人がひしめくシンガポール。産業の7割を金融や観光などのサービス業が占めるこの国で、2020年に約40年ぶりとなる自動車工場が建設されることが決まった。工場の主は、サイクロン式掃除機で有名な家電メーカーの英ダイソン。21年に発売を予定する電気自動車(EV)の専用工場で、18年末に建設工事が始まった(次記事参照)。

家電から畑違いのEVへ──。17年9月にダイソンがEV参入を表明すると、自動車業界からは実現性を疑問視する声が相次いだ。しかし、ダイソンはいたって正気だ。同社CEOでEV事業の責任者、ジム・ローウェン氏は「新領域に手を広げるというより、当社の得意とするエンジニアリングに集中する」と語り、あくまでこれまで蓄積してきた技術の延長線上でEV開発を進める構えだ。では、EVにつながる同社の「得意な技術」とはいったい何なのか。

ダイソン社は、デザインエンジニアのジェイムズ・ダイソン氏が、自宅にあった掃除機への不満から開発した、吸引力の低下しないサイクロン式掃除機(発売は1998年)が出発点。そこから、羽根のない扇風機(同09年)、穴の開いたドライヤー(同16年)など、何十年も技術の発展がないような日用家電の分野でイノベーションを起こしてきた。

もっとも、ダイソンの手がける製品は、その価格が他社製品より頭一つ抜けて高い。例えば、ドライヤーの国内平均価格は数千円だが、ダイソン製は税込みで4万8600円。「ダイソンが新製品を出すと、そのあと競合他社も追随して高価格帯の製品を投入してくることが多く、そのカテゴリー全体の平均単価が2~3割上がることもある」(都内家電量販店の販売員)。高価でもダイソン製品が話題になって売れるのは、製品に革新性と独創性があるから。そして、それを可能にするのが、同社が有する3つのコア技術だ。

ダイソン製品支える独自のモーター技術